特許出願の費用概算(手数料には別途消費税加算)

[平成20年 6月 1日現在]


出願時の費用
審査請求時の費用
意見書・手続補正書提出の費用
特許査定時の費用
名義変更、年金取扱い等
その他

.出願時の費用(仕事量、緊急性、共同出願等による割増加算あり)

項目 手数料・印紙代
特許出願基本手数料 180,000
要約書の作成 4,000
電子化変換費用 7,000
2項目以降の請求項1項毎に加算 10,000
文字情報入力代(A4版 40文字50行/1頁) 7,000
図面作成代(1時間) 3,000
出願印紙料 15,000
◎特許権存続期間延長登録願 別途打合せ
◎出願の早期公開請求 10,000
◎実用新案登録出願からの変更(印紙代は別) 100,000

例…請求項数が5項、頁数が6頁、図面作成時間が8時間の場合
   
計284,850円
事件の難易度(請求項数、頁数、図面作成時間、原稿・資料の有無等)によって異なる(30〜50万円程度)
@明細書が8頁以上は、1頁毎6,300円の割増
A当初依頼内容を超えた改変の割増(21,000/時間)
B出願前の明細書・図面案の確認
C1年6ケ月経過後の出願公開(公開公報の無料送付)


.審査請求時の費用(この手続によって審査が開始される。出願日から3年以内)
                      ※平成13年 9月30日までの出願は7年以内

項目 手数料・印紙代
出願審査請求書提出手数料 10,000
印紙料(請求項1項) 122,000
請求項2項目以降1項毎に加算 4,000


例…請求項数が5項の場合  計148,500円
請求項数によって異なる(19〜23万円程度)


出願審査請求手続をしない場合は、審査請求期限日を経過すると出願が取下げられたものとされます。

.意見書・手続補正書提出の費用(拒絶理由通知時)

項目 手数料
意見書作成提出手数料 60,000
手続補正書作成提出手数料 60,000
2件以上の引例1引例毎に加算 5,000
文字情報入力代(A4版 40文字50行/1頁) 7,000
図面作成代(1時間) 3,000
電子化変換費用 7,000
審査官との面接及びその準備 35,000

例…引例が3件の拒絶理由通知に対する意見書・手続補正書、合計頁数が6頁の場合   計187,950円
拒絶理由通知の内容によって異なる対応によって異なる(8〜20万円程度)
@内容を補正することで特許されることが多い

A補正可能範囲は、当初の明細書に記載の範囲内
B意見書/手続補正書のみとすることもある


.特許査定時の費用(特許成立時)

(1)審査請求日:平成16年(2004年)3月31日以前の出願に適用

項目 手数料
特許事務成功謝金 100,000
2項目以降1項毎に加算 10,000
特許料納付手数料 10,000
特許印紙料(請求項が1項/1〜3年目分) 37,200
2項目以降1項加算毎に加算 3,300


例…請求項数が5項の場合   計206,700円


(2)審査請求日:平成16年(2004年)4月1日以降の出願に適用

項目 手数料
特許事務成功謝金 100,000
2項目以降1項毎に加算 10,000
特許料納付手数料 10,000
特許印紙料(請求項が1項/1〜3年目分) 7,500
2項目以降1項加算毎に加算 600

例…請求項数が5項の場合   計167,400円


請求項数によって異なる
@査定通知時から30日以内に納付する

A納付期限までに当所にお支払い願います
B納付しない場合は、出願が却下される

.名義変更、年金取扱い等(注…文字情報入力代、電子化変換費用等の加算あり)

項目 手数料
出願人名義変更届(印紙料:4,200) 23,000
住所・氏名・印鑑等の変更届(1件毎) 12,000
年金取扱料(1件1年毎)(継続印紙料は別) 16,000
依頼者との相談(1時間当たり) 20,000
日当(1日) 65,000

4年目以降は、毎年、特許料を納付しなければ消滅する (各年分の印紙料は別紙参照)
出願日から20年で満了

.その他(手続 注…文字情報入力代、図面作成代、電子化変換費用等の加算、謝金)

項目 手数料
国内優先権の主張(出願時に加算) 26,000
先の出願の請求項の増加・変更(請求項毎) 10,000
(実用新案の場合) 8,500


2以上の出願を基礎とする場合は、1出願が増加する毎に27,300円(税込)を加算
項目 手数料
新規性喪失の例外規定適用の申請(刊行物) 21,000
(試験、電気通信回線を通じた発表、学術団体発表等) 40,000

出願前に公知・公用となり、また刊行物に記載されたものは新規性がないといいます。出願人自らがそのようなことをした場合には新規性喪失時から6ヶ月以内に、その例外の適用希望を出願と同時に申請することができます。

項目 手数料
出願変更(特許から実用新案は94,500) 出願と同額
項目 手数料
優先審査に関する書類の提出(印紙料はなし)…出願人 155,000
            〃               …実施者 250,000
項目 手数料
早期審査に関する書類の提出(印紙料はなし)…出願中 135,000
            〃            …審判審理時  75,000
※先行技術調査費用は別
項目 手数料
情報提供(刊行物提出書の作成)
…提出刊行物の使用の有無は審判官の裁量
130,000
※先行技術調査費用は別

他人の出願公開された特許出願に対して、出願前に刊行物に掲載されていたことを、その刊行物を提出して説明するものです。提出された刊行物は、当該出願の審査に利用され、これによってその他人の出願を拒絶させることも可能です。

※先行技術調査費用は別
項目 手数料
拒絶査定に対する審判事件/審査前置
(印紙料:49,500+5,500×請求項数)
190,000
補正却下の決定に対する不服申立を伴うもの 230,000
2件以上の引例は1引例毎に加算 5,000
審判に関連する中間処理 85,000

印紙料・手数料等は請求項数によって異なる。成功謝金あり
拒絶査定に対する審判請求後では、請求日から30日以内は補正可能です。補正によって特許を認めやすくすることができます。なお、補正をすれば審査を担当した審査官が審査する(審査前置)ことになり、その審査中で特許が認められる場合があります。審査官の再審査でも特許が認められない場合には審査前置が解除され、審判官(3名〜5名)に事件が送付され、その合議体で特許の可否が慎重に審理されます。
項目 手数料
無効審判事件(印紙料:49,500+5,500×請求項数)
/無効答弁事件
400,000
2件以上の引例は1引例毎に加算 5,000

印紙料・手数料等は請求項数によって異なる。成功謝金あり
項目 手数料
判定請求事件(印紙料:40,000) 290,000

成功謝金あり
ある物件・方法(イ号物件・方法)が特許発明の技術的範囲に属するか否かの判定を、特許庁に対して求めることができます。

項目 手数料
審決の取消・特許取消決定(特許異議)の取消訴訟事件 1,000,000
口頭審理、証拠調べ、準備手続、口頭弁論等の出頭  80,000
資料及び証拠の蒐集、検討 80,000
成功謝金あり
特許庁がなした審決、決定等に不服がある場合に、東京高等裁判所に提起して審決、決定等の取消を求めるものです。

項目 手数料
審決の取消・特許取消決定(特許異議)の取消訴訟事件 1,000,000
口頭審理、証拠調べ、準備手続、口頭弁論等の出頭  80,000
資料及び証拠の蒐集、検討 80,000
成功謝金あり

項目 手数料
権利侵害警告・相談 10〜30万程度

権利の侵害事件等について、主として内容証明郵便によって相手方と交渉します。交渉の難易度、期間の長短等によって追加費用が加算されることがあります。

項目 手数料
実施契約相談 10〜30万程度

権利を他人に実施させたり、他人の権利の実施を認めてもらったりすることの交渉等です。交渉の結果、纏まった場合には、専用実施権(独占的、特許庁への設定登録が必要)、通常実施権(独占あるいは非独占、特許庁への設定登録は第三者対抗要件)等の登録申請を特許庁に手続きします。

項目 手数料
出願及び出願審査の請求に関する口頭鑑定 45,000
出願及び出願審査の請求に関する書面鑑定  出願と同額
出願及び出願審査の請求以外の口頭鑑定 120,000
出願及び出願審査の請求以外の書面鑑定 480,000

項目 手数料
登録申請(印紙料別)…移転・実施権設定等 40,000
登録申請(印紙料別)…表示変更 15,000

多数の権利を一手続とする併合申請の場合には加算があります。