出願時のチェックポイント

一般的な事項

  1. 出願の目的は権利化ですか、防衛のためですか?

  2. 出願内容を実施する予定はありますか。その実施の時期はいつ頃ですか?

  3. 出願はいつ頃までにしますか?

  4. 出願内容はすでに公表しましたか?

  5. 事前調査はされましたか?

  6. 包括委任状の記載事項は確認しましたか。捺印は朱肉による明瞭なものとなっていますか(2ケ所)?

  7. 包括委任状は提出されますか?(当職宛の包括委任状を予め提出しておけば、必要に応じて特許庁から要請される出願毎の委任状を提出する必要がなくなります)

  8. 出願人としての識別番号は申請(取得・通知)済ですか?

  9. 外国出願の予定はありますか?


[特許・実用新案の場合]
[意匠の場合]
[商標・サービスマークの場合]
[著作の場合]

[特許・実用新案の場合]

  1. 出願内容の公開(発表・実施時期)はいつ頃の予定ですか?

  2. 発明・考案者の住所・氏名(フリガナ付)は明らかですか。また、発明・考案者から出願人への譲渡証書の作成の必要性はありませんか?

  3. 職務発明ですか?

  4. 出願審査の請求(特許出願のみ)はしますか? 出願と同時にしておいたほうがよいですか?(審査は審査請求された出願順に審査されます。早めの審査を希望する場合は、早めの審査請求手続が必要です…下記6,7参照)

  5. 出願と同時にしない場合には、いつ頃の予定ですか?(公開時、出願審査請求の期間満了直前)

  6. 出願後に出願内容の追加・変更等があり得ますか?(出願当初の記載内容から逸脱した出願後の追加・変更等は原則として一切認められておりません…1年以内の国内優先を主張した新出願の検討)

  7. 国内優先を主張した出願としますか?(先の出願の1年以内であれば、それへの追加・変更をした新たな出願とし国内優先を主張すれば、出願日は先の出願日とできます。但し、先の出願は取下げとなります)

  8. 早期審査の申出をしますか?(特許出願後、それが実施関連のもの、外国出願関連のものとなった場合にはそれを説明すると、早期に審査されることがあります)

  9. 権利の特許性について審査される特許出願とするか、審査されない実用新案登録出願とするかについて、いずれを選択するか検討はしましたか?
      →特許と実用新案の比較

  10. 実用新案登録出願の場合に、権利の登録(有効)性を評価する実用新案技術評価書を請求しますか?

  11. 一旦は、実用新案登録出願として手続し、その後、特許出願に変更しますか?      (実用新案として登録されても、その出願日から3年以内で、実用新案技術評価請求書を請求していない場合であれば、特許出願に変更できます。但し、実用新案権を放棄する必要があります)

[意匠の場合]

  1. どのような物品ですか? また、物品の形態上の特徴があるのは全体ですか、あるいは部分ですか? それとも物品操作用画像ですか?

  2. 物品の形状、模様、色彩は特定されていますか?(図面、写真、見本等がありますか)

  3. 形状、模様等はそれ以外に考えられませんか? 登録公報発行日までに関連意匠(類似する場合)として出願する必要はありませんか?

[商標・サービスマークの場合]

  1. どのような商品・役務(サービス)に使用しますか?

  2. 出願の商標・マークは使用していますか。また、どのような態様で使用していますか?

  3. 商標・マーク中に、商品の品質、効能、用途、産地等の商品内容、また、サービスの提供の場所、質、提供の用に供する物、効能、用途等のサービス内容の説明的記述がありませんか?

[著作の場合]

  1. 文芸・学術・美術・音楽の範囲で、思想又は感情を創作的に表現したものであれば、その創作完了時点で権利が発生します。創作行為のみで著作権が発生しますので、その申請その他の手段は特に必要としません。

  2. 複製権・その他があれば、登録(文化庁に申請)によって第三者に対抗できます。